« 植物たち 第24回 コスモス | トップページ | 植物たち 第25回 金魚草 »

ハロウィーンとワルプルギスの夜

ケルト民族は、1年を寒期と暖期に分けてその境の日を祝いました。
ひとつは、春の訪れを祝うワルプルギスの夜祭(4月30日)で、
もうひとつが、秋の収穫を祝うハロウィーン祭(10月31日)です。
概要は 2011年の記事 でも書きましたので、
今回は、コスチュームについて考察したいと思います。

・祭の日の前後には彼岸(異界)と此岸(こちらの世界)の境界
 が無くなり、死者の霊や精霊など異界の者が訪ねてくる。
・このときに、先祖の霊を敬う。
・しかし、それとともに来てほしくない悪霊もやってくる。
・悪霊の災厄を防ぐには、異界の者に似た格好をすれば良い。
・その伝統的なドレスコードは、精霊魔法使いであるが、
 現代では、異界の者の扮装は自分で自由に決められる。
子供は、悪霊に扮し、菓子をもらって退治されることを演じても良い

つまり、大人と子供では、コスチュームの目的が異なります。
そして、演じるのは異界の者であって、有名人ではありません。

こうしてみると、日本の信仰や祭りにも考え方に類似点がありますね。

« 植物たち 第24回 コスモス | トップページ | 植物たち 第25回 金魚草 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142275/62221245

この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィーンとワルプルギスの夜:

« 植物たち 第24回 コスモス | トップページ | 植物たち 第25回 金魚草 »