« 100面ダイスは人気者? | トップページ | エクスタロット画集・解説 第5巻: 聖樹と金貨 »

エクスタロット画集・解説 第4巻: 魔剣と聖杯

エクスタロット画集・解説 第4巻: 魔剣と聖杯

双星たかはる、柴崎銀河 共著

04s

エクスタロット(拡張版タロット)のカードに用いられた絵と詩、それらの意味とマークの起源を解説した画集です。本書では、スペード(魔剣)とハート(聖杯)の小アルカナであるキングK(王)、クイーンQ(女王)、カヴァリエC(騎士)、ジャックJ(若者)、エースA(精霊;数字の1)、ニルN(アイテム;数字の0)の計12枚を紹介します。マークは現代のトランプと共通ですが、いずれもアイルランドの至宝に由来するアイテムで、スペードはクラウソラスの剣、ハートはダーザの杯です。本書は小アルカナのうちスペードとハートの絵札を扱った画集第4巻になります。表紙絵はハートのK(聖杯の王)です。

Amazon: エクスタロット画集・解説 第4巻: 魔剣と聖杯

エクスタロット XTAROT on Twitter


Amazon通販

Xtarot04_bnn


エクスタロット XTAROT on Twitter

« 100面ダイスは人気者? | トップページ | エクスタロット画集・解説 第5巻: 聖樹と金貨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142275/57097198

この記事へのトラックバック一覧です: エクスタロット画集・解説 第4巻: 魔剣と聖杯:

« 100面ダイスは人気者? | トップページ | エクスタロット画集・解説 第5巻: 聖樹と金貨 »