« スクウェア・エニックス決算報告 | トップページ | エクスタロット画集・解説 第4巻: 魔剣と聖杯 »

100面ダイスは人気者?

ダイス(サイコロ)の形状をあらわすのに
業界ではD10とかD8という記号を使うことがある。
これは、それぞれ10面、8面、のダイスを意味する。

そして、この表記は、TRPGなどのテーブルゲームでも使われる。
たとえば、2D6とあれば、
6面のダイスを二個振って、その合計の目の数を使いなさい、
という意味になるわけだ。

D100を使うという記述がクトゥルフのTRPGに出てくる。
文字通りに解釈すれば100面のダイスが必要ということになる。
こういった場合、色違いの10面ダイスを2個用意すれば事が足りる。
一方を10の位、もう一方を1の位に使えば良いからだ。
数字の範囲が0から99ではなく1から100であれば、0を100と読み替える。

そんな前置きをしたうえで今回紹介するのは、
正真正銘の100面ダイスである。
振ってから安定するまで時間が掛かるが、ちゃんと停止する。
すべての面が等しい確率で出現するかは怪しいところだが、
冗談で持っていても面白いと思う。
なお、この製品の直径は約4cmである。

100facew2


Amazon銀河企画オンライン

100faceb


100faces1


« スクウェア・エニックス決算報告 | トップページ | エクスタロット画集・解説 第4巻: 魔剣と聖杯 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

愛称はデス・スターだったりしますなぁ・・・・。

なるほど、デス・スターにそっくりですね。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142275/56942636

この記事へのトラックバック一覧です: 100面ダイスは人気者?:

« スクウェア・エニックス決算報告 | トップページ | エクスタロット画集・解説 第4巻: 魔剣と聖杯 »