« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月の記事

[投資] 保有株式一覧 (14/01/17)

柴崎銀河 個人が保有している株式の一覧です。
以下に公表するのは柴崎銀河が支持している会社だとお考えください。


保有株式一覧 (14/01/17)  〔 〕内は子会社 代表的な技術・サービス

KADOKAWA (角川グループ) 100株 出版、映画
 〔ブランドカンパニー: 角川書店、アスキー・メディアワークス、富士見書房、エンターブレイン、他〕
 〔連結子会社: 角川ゲームス、キャラアニ、
ドワンゴ 200株 コンテンツ配信 ニコニコ動画
マーベラスAQL 500株 アニメ・音楽
エイベックスGH 100株 音楽事業全般
スクウェア・エニックス 200株 ゲーム ドラゴンクエスト
サイバーエージェント〔ジークレスト〕 500株 コンテンツ SNS アメーバ
任天堂 100株 ゲーム用ハードソフト ゲーム機
バンダイナムコHD 100株 ゲーム・玩具 ガンダム
コナミ 100株 ゲーム・玩具
ソニー〔SonyMusic、ANIPLEX〕 100株 家電・音楽・ゲーム・アニメ
東映アニメーション 100株 アニメ
タカラトミー 100株 ゲーム・玩具
日本ファルコム 1000株 ゲーム
オリコン 100株 エンターテインメント・ポータル
ヤマハ 100株 電子機器・楽器 音声合成技術 VOCALOID
オンキヨー 100株 アンプ、スピーカー
ティアック 1000株 音楽関連機器 TASCAMブランド
インプレスHD〔リットーミュージック〕 100株 出版
カシオ計算機 100株 電子楽器 電卓
メルコHD〔バッファロー、CFD〕 100株 ルーター、ハードディスク、メモリ
MCJ〔マウスコンピュータ、iiyama、秀和システム〕 100株 パソコン、モニター
セイコーエプソン 100株 プリンター、パソコン
ブラザー工業 100株 プリンターFAX複合機
ワコム 400株 ペンタブレット Intuos
アートスパーク〔セルシス〕 100株 アニメ制作ソフト
NTT
 300株 通信サービス ひかり電話
ソフトバンク 100株 通信サービス
IGポート(Production I.G.) 100株 アニメ
ゴンゾ (GONZO) 10株 (非上場) アニメ
楽天 100株 通販、他 楽天市場
ニッセンHD 100株 通販
ブロッコリー 1000株 キャラクター商品
サンリオ 100株 キャラクター商品 ハローキティ
ウィズ 300株 キャラクター商品 たまごっち

銀河企画 180株 (有限会社)
千代田テクノロジー 160株 (有限会社)

Kabu001



謹賀新年 (2014)

みなさま、明けましておめでとうございます。
ふり返ると、2013年は新しいことへの第一歩の年でありました。

最初に、従来からのお仕事のうち、ゲームや教材(カードゲーム・ダイスなど)の生産とその卸売・小売は、2013年も堅調で、特にAmazonでの売上が伸びました。このため、Amazon取扱いの品数を今後は増やしていく方向です。法人・教育機関など直接のお取引をされる方への対応も引続き行います。SI業務についても継続しております。

次に、前からお伝えしていますように、私自身が、作詞・作曲・DTMでの楽曲制作をしております。

一昨年までに、門星明華学園(エンターブレイン発売)の主題歌「調律者たち」の作詞・作曲を担当し、また、スクウェアエニックスのコンテストで「悠久の風」(植松伸夫作曲)をハープ演奏入りのオーケストラ譜に編曲したものが採用されました。昨年は、ゲーム業界で最年長ゲームデザイナーの鈴木銀一郎先生が委員長を務める『鈴木銀一郎ゲーム音楽コンテスト2013』で、「ドラゴンライダー」(作曲担当)が最優秀賞を受賞しました。

オリジナル楽曲の「あかい果実」(2009年作詞作曲)は、YAMAHAボーカロイド3発売記念のコンテストで特別賞を受賞し、東北復興支援プロジェクトの曲群に登録されました。「愚者のテーマ」「魔術師のワルツ」(いずれも作曲担当)は、音楽ユニットBardlingsの名前でニコニコ動画に発表されています。「あかい果実」「愚者のテーマ」「魔術師のワルツ」は、カラオケ店『パセラ』に採用されるとともに、ヤマハ系列の音楽出版社経由でJASRACにも登録されました。

昨年は、音楽制作ツールをCubaseに変更しました。今年も、趣味と実務の中間領域として作曲活動を進めたいと思います。(写真はYAMAHAのMX61)

Img_0031a


皆様、ありがとうございました。今年(2014年)もよろしくお願いします。
また、進展がありましたら、このBlogに書き綴っていきます。

↓追記あり


続きを読む "謹賀新年 (2014)" »

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »