« もんめか。モンスターメーカー・アンソロジー | トップページ | 離発着という言葉 »

皆既月食の記録

2011年12月10日の夜、満月が地球の影にすっぽりと覆われる「皆既月食」が観測された。

「月食」とは、太陽・地球・月がその順で一直線上に並び、満月の月が地球の陰に入って
光を失う現象である。なかでも完全に陰となる場合を「皆既月食」という。

古くは「月蝕」と書いたが「蝕(むしば・む)」が常用漢字に入らなかったため、
現在の表記に落ち着いた。英語では eclipse 、アイルランド語では uru とつづる。

月は、午後9時45分頃から欠け始め、午後11時10分頃には完全に欠けて、
全体が茶褐色を呈した。また、月面の模様が浮き彫りになった。

この様子を自宅付近から撮影したのが以下の写真である。


21時56分 左下から欠け始める

2156

22時00分 徐々に侵蝕が進んでいく

2200

22時39分 半分以上が欠けた

2239

23時01分 残すところ僅か

2301

23時06分 やや茶色味を帯びてきた

2306

23時09分 赤茶色に変化 月の模様もくっきりと

2309

23時12分 皆既月食の状態になる

2312


« もんめか。モンスターメーカー・アンソロジー | トップページ | 離発着という言葉 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい写真です!
自分のコンパクトカメラではこんなに綺麗には撮れないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142275/43332903

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食の記録:

« もんめか。モンスターメーカー・アンソロジー | トップページ | 離発着という言葉 »