« 鉢呂経済産業相の仕草と「エンガチョ」 | トップページ | ハロウィーンとワルプルギスの夜 »

アレクサンダーがイスカンダルと呼ばれるに至った理由

古代ギリシアのマケドニア国にアレクサンダー(英語表記Alexander;ギリシャ語読み・アレクサンドロス)という名の王が居ました。彼は善き統治者でもあったため周辺諸国の多くの訪問地にその名を残しました。エジプトの「アレクサンドリア」も、そのひとつです。

同様にしてアレクサンダーが名を残した多数の地に、「イスカンダル」又はそれに類した名前が付けられています。では、なぜそのような違いが起きたのでしょうか。

それは、その名前が最初に広まったアラビア語圏の言語が関係しています。アラビア語の定冠詞(英語のTheに該当)は、「アル(Al)」です。このため、「アレクサンダー」という言葉は、「アル=イクサンダール」という2語に誤解されるようになりました。

しかし、「イクサンダール」という単語は発音し難かったためか、子音のkとsが入れ替わり、「アル・イスカンダール」になりました。やがて「アル」が省略されて、「イスカンダル」になったのです。

さらに「イス」までも省略されて「カンダール」と呼ばれたところもあります。今では、以下のような名前(都市名、宮殿の名、その他)は、アレクサンダー王の名が由来と考えられています。

アレクサンドリア (アレキサンドリア)
イスカンダル(イスカンダール)
イスカンダリヤ(イスカンダリア)
イスカンデル
イスケンデルン
スカンダ
カンダハル(カンダール)


以上は、信憑性があるものですが、由来には諸説ありますのでご注意ください。


« 鉢呂経済産業相の仕草と「エンガチョ」 | トップページ | ハロウィーンとワルプルギスの夜 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142275/42646493

この記事へのトラックバック一覧です: アレクサンダーがイスカンダルと呼ばれるに至った理由:

« 鉢呂経済産業相の仕草と「エンガチョ」 | トップページ | ハロウィーンとワルプルギスの夜 »