« 音楽曲想用語一覧 (11/05/02) on セルフィ | トップページ | カラオケで歌った曲のリスト (10) »

人の可聴周波数

人間が聴き取れる音の周波数は、およそ 20Hz~20000Hz (20kHz) と言われている。
そこで、自分がどの程度の高さの音まで聴き取れるのかを調べてみた。

なお、測定には以下のサイトにある音のファイルを使い、オーディオで音をスピーカーから再生して確かめた。
外部サイト 音波 平野拓一(東京工業大学)

その結果、1000刻みに用意されている音源のうち16000Hzは聴き取ることができたが、17000Hzは無理だった。よって、私の場合、限界は16000Hzと17000Hzの間にあることが分かった。

年をとるにつれて高い音を聴きとる限界が低くなっていくとされる。
モスキート音と呼ばれる17000Hzの音は、若者だけが聴き取れるらしい。

音楽には、様々な楽器の音色として高い音の波形成分が含まれている。
高い周波数の音を聴きとれるほど、そういった音色を楽しめていることになると思う。

なお、人以外の動物は可聴周波数範囲が広いものがあり、上限は、犬で40000Hz、猫では60000Hz、コウモリでは120000Hzという報告もある。

自分がどの程度まで聴き取れるか、試してみるのもいいかも知れない。


(注意)アンプやスピーカー(イヤホンなど)の性能が低いとそもそも高い周波数の音が再生されないことがあります。逆に、聴こえていない超音波でも鼓膜は振動を受けている場合もあります。高音で耳を傷めないようご注意ください。

それから、こちらも参考になりそう。音を出すソフトです。

可聴周波数域チェッカ

 

« 音楽曲想用語一覧 (11/05/02) on セルフィ | トップページ | カラオケで歌った曲のリスト (10) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

That's too clever by half and 2x2 clever 4 me. Thanks

わたしも16kHzあたりが限界だと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142275/40409354

この記事へのトラックバック一覧です: 人の可聴周波数:

« 音楽曲想用語一覧 (11/05/02) on セルフィ | トップページ | カラオケで歌った曲のリスト (10) »