« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

音楽曲想用語一覧 (11/03/31) on セルフィ

セルフィで書いた音楽曲想用語の一覧 (3月10日から3月31日まで)

Celesta = チェレスタ
(アップライトピアノに似た形の打楽器)
※外見的には鍵盤楽器 鍵盤を押して金属音板を叩く

Harmony = ハーモニー / 和声
(和音の配置・組み合わせや進行のこと、あるいはその理論)

Tristan chord = トリスタン和音
(Cを根音とするときCm7-5 [(短三)減五七]
 リヒアルト・ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」の冒頭に現れることから)

Secondary Dominant = セコンダリー・ドミナント / 二次属和音
(主和音Iに対して属和音Vの更に属和音IIのこと)

Diatonic chord = ダイアトニックコード
(主音の音階上に3度ずつ音を重ねたコード)
※ I, ii, iii, IV, V, vi, vii-5 、ハ長調(Cメジャー)なら C, Dm, Em, F, G, Am, Bm-5

前へ   次へ


ここに書いたのは、セルフィで巡回したときゲストブックに書いた音楽曲想用語(主にイタリア語)の一覧です。


音楽曲想用語一覧 (11/03/09) on セルフィ

セルフィで書いた音楽曲想用語の一覧 (2月20日から3月9日まで)

Fuga = フーガ / 遁走曲
(主題と同じ旋律が複数の声部に順次現れる多声楽の形式)

Natural = ナチュラル(♮) / 本位記号
(♯や♭で変化した音の高さを元に戻す、または♯や♭が作用していないこと)

Diminished triad chord = ディミニッシュ(英語) / 減三和音
(根音・短三度・減五度から成る独特の3和音。略称dim。
※さらに減七度を加えた4和音は、減七和音

Falsetto= ファルセット / 裏声・仮声
(換声点を越えた高い声)
※地声に似た声を出すファルセットはミックスボイスと呼ばれる

Musical grammar= 楽典
(楽譜を記述するための文法理論、あるいはその書籍)

前へ   次へ


ここに書いたのは、セルフィで巡回したときゲストブックに書いた音楽曲想用語(主にイタリア語)の一覧です。


カラオケで歌った曲のリスト (8)

今回歌ったリストです。すべて原曲のキーで歌いました。
 ※は課題曲  ★★★>★★>★>☆は良い評価を受けた歌
 ↑は前回より評価が上昇

Hello, Again (acoakko/MY LITTLE LOVER)
時代 (徳永英明) ☆
水の影 (松任谷由実) ★
いつも何度でも (木村弓)
シクラメンのかほり (小椋佳) ★★★
くちづけ (BUCK-TICK) ※
walkの約束 (nangi) ☆
帰りたくなったよ (いきものがかり) ★★
旅の途中 (清浦夏実) ☆
最後の春休み (松任谷由実) ★
壊れかけのRADIO (徳永英明) ☆
ムーンライト伝説 (DALI) ★★★ ↑
いい日旅立ち (徳永英明) ★★
手紙 拝啓十五の君へ (アンジェラ・アキ)     
TOMORROW (岡本真夜) ☆
待つわ (徳永英明) ★
世界に一つだけの花 (槇原敬之) ★
さくら・独唱 (森山直太朗) ★ ↑
年下の男の子 (キャンディーズ) ★★★
Vermillion (石川千晶) ★ ↑
空と海の輝きに向けて (荒井由実) ★★★
サイレント・イヴ (辛島美登里) ★★
Wildflower (Superfly) ★★
冷たい水の中を君と歩いていく (谷山浩子) ★
PRIDE (徳永英明) ★
聖母たちのララバイ (岩崎宏美) ★★
粉雪 (レミオロメン) ☆ ↑

以上27曲でした。
声枯れがあって地声の音域を圧迫していたため
ファルセット領域で頑張りました。
Wildflowerはサビの部分以外はうろ覚えだったのですが
適当に歌ったら途切れることもなく最後まで歌いきれました。

フタカラ/パセラ5h/サラダ、ニョッキ、ペパーミントティー


カラオケで歌った曲のリスト (9)

カラオケで歌った曲のリスト (7)


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »