« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

柴崎澄夫 三回忌法要

父・柴崎澄夫 (2009年2月26日歿) の三回忌法要は滞りなく終わりました。
お集まりご焼香を頂きました方、有難うございました。
生前と変わらぬご愛顧に心から御礼申し上げます。


(参考)

追悼記事 柴崎澄夫(俳号:柴崎素明)

父が天皇陛下から「瑞宝単光章」の勲章を授与された

柴崎素明 俳句作品集


音楽曲想用語一覧 (11/02/19) on セルフィ

セルフィで書いた音楽曲想用語の一覧 (2月8日から2月19日まで)

Sub-dominant chord = サブドミナント (英語) / 下属和音
(下属音[主音の完全四度上の音]の上に構成される三和音。 IV と表記)
※ ド・ファ・ラ、はぃ!

Intermezzo = インテルメッゾ / 間奏曲
(劇やオペラの幕間に奏される曲、または楽曲の章と章の間に挿入される曲)

Flat = フラット (♭) / 変記号
(音の高さを半音下げる)

Symphony = シンフォニー (英語) / 交響曲
(主に管弦楽で演奏される多楽章の曲)

Polyrhythm = ポリリズム (英語)
(異種リズムが別々の声部で同時進行)

前へ   次へ


ここに書いたのは、セルフィで巡回したときゲストブックに書いた音楽曲想用語(主にイタリア語)の一覧です。


音楽曲想用語一覧 (11/02/07) on セルフィ

セルフィで書いた音楽曲想用語の一覧 (1月29日から2月7日まで)

Dominant chord = ドミナント (英語) / 属和音
(属音[主音の完全五度上の音]の上に構成される三和音。 V と表記)
短7度を加えた属和音は属七(V7)という ---- シ・ファ・ソ、はぃ!

Waltz = ワルツ (英語) / 円舞曲
(テンポの良い3拍子の舞曲)
※発祥は13世紀頃のドイツ農民のダンスとされる

Sharp = シャープ(♯) / 嬰記号
(音の高さを半音上げる)

Refrain = リフレイン (英語)  / 反復句
(同じ旋律や詩句を繰り返す)
※フランス語では「ルフラン」

Rhapsody = ラプソディ (英語) / 狂詩曲
(自由奔放で叙事的民族的な色彩の楽曲)

前へ   次へ


ここに書いたのは、セルフィで巡回したときゲストブックに書いた音楽曲想用語(主にイタリア語)の一覧です。


カラオケで歌った曲のリスト (7)

今回歌ったリストです。すべて原曲のキーで歌いました。
 *は課題曲  ★★★~★は高い評価を受けた歌

TSUNAMI (サザン・オールスターズ) ★
さくら・独唱 (森山直太朗) ★
ルパン三世のテーマ (クリスタルキング) ★★
ムーンライト伝説 (DALI) 美少女戦士セーラームーンOP ★
手紙 拝啓十五の君へ (アンジェラ・アキ)
M (徳永英明)
ねこの森には帰れない (谷山浩子)
なごり雪 (かぐや姫) ★
甘い予感 (松任谷由実) ★
FLOWER (L'Arc en Ciel) *
昴 (谷村新司)
Hello, Again 昔からある場所 (acoakko/MY LITTLE LOVER)
そのままの君でいて (岡本真夜)
Vermillion (石川千晶)
負けないで (ZARD) ★★★
残酷な天使のテーゼ (高橋洋子)
粉雪 (レミオロメン) *
ともだち (坂本真綾)
アイモ 鳥のひと (中島愛)

以上19曲でした。

アイモの最高音が余裕で出たので声域3オクターブ超が確定しました。
でも、1つの曲を全部ファルセットで歌う場合は
伴奏によっては声が聞き取り難いことが分かったので、
次回からマイクの音量調整をします。

フタカラ/パセラ4h/ハニトー、ソーセージ、サラダ、ココアフロート、ジャスミンティー


カラオケで歌った曲のリスト (8)

カラオケで歌った曲のリスト (6)


相撲は国技じゃないっす。格闘技っすー!

mixiのマイミクに教えてもらいました。

けいおん!第6話「学園祭!」より
田井中 律 「相撲は国技じゃないっす。格闘技っすー!」
これなら私も観たはずだw

国技を定めた法律は今のところありません。
そもそも、明治時代に、
大相撲の見世物小屋に「国技館」という名前が付けられたことが、
誤解のもとになっていると思います。

2010年6月に私自身が書いた記事
日本の国技は国民投票で決めればいい
は、今更ながら、本当にそうすればいいと思います。
なお、国技を一つに限定する必要はないので、時々変更すれば良いでしょう。
大相撲は、国民の信任を得たうえで、堂々と国技になってもらいたいです。


« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »