« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の記事

ラテン語一覧 (10/02/28) on セルフィ

セルフィで書いたラテン語の一覧 (2月22日から2月28日まで)

Leve fit, quod bene fertur, onus.
(荷物は上手に担ぐと軽くなる)

Pax intrantibus, salus exeuntibus.
(訪れる者に平和を、去りゆく者に無事を)
※ドイツ・ローテンブルクの要塞都市シュピタールの門に刻まれた言葉

Consuetudo est altera natura.
(習慣は第二の天性)

Nihil difficile amanti.
(恋をしている人にとって困難なものはない)
※原文の「amanti」は、「(誰かを)恋する人」の意味

Tempus neminem manet.
(時間は誰も待たない)

前へ   次へ


セルフィで巡回したときゲストブックに書いたラテン語の一覧ですw
自分で何を書いたか整理するためにも週に1回ここにまとめる予定。
ほとんどは昔から伝わる名言ですが、私の考えで意訳しているものも
あるため、この日本語を唯一の解釈と考えない方がいいです。


ラテン語一覧 (10/02/21) on セルフィ

セルフィで書いたラテン語の一覧 (2月15日から2月21日まで)

Aut viam inveniam aut faciam.
(道が見つからないのなら作ってしまおう)
※先週の「運命は道を発見する」のフォローになっている

Alter ipse amicus.
(友はもう一人の自分である)

Occasio non facile offertur sed facile amittitur.
(機会は頻繁には訪れず、すぐ逃げていく)

Ex nihilo nihil fit.
(無から有は生じない)

Altissima quaeque flumina minimo sono labuntur.
(川は深いほど小さな音で流れる)

前へ   次へ


セルフィで巡回したときゲストブックに書いたラテン語の一覧ですw
自分で何を書いたか整理するためにも週に1回ここにまとめる予定。
ほとんどは昔から伝わる名言ですが、私の考えで意訳しているものも
あるため、この日本語を唯一の解釈と考えない方がいいです。


ラテン語一覧 (10/02/14) on セルフィ

セルフィで書いたラテン語の一覧 (2月8日から2月14日まで)

Si vales, bene est.
(あなたが元気なら それは良いこと)
※ラテン語で手紙の前文。日本では「拝啓…」など

Omnes una manet nox.
(誰でも同じ夜を過ごす)

Fata viam invenient.
(運命は道を発見する)
※ボク自身は、努力で運命は変えられると思っている

In tenui labor, at tenuis non gloria.
(小さな仕事にも 小さくない喜びがある)

Amor ordinem nescit.
(恋に上下関係は無い)

前へ  次へ


セルフィで巡回したときゲストブックに書いたラテン語の一覧ですw
自分で何を書いたか整理するためにも週に1回ここにまとめる予定。
ほとんどは昔から伝わる名言ですが、私の考えで意訳しているものも
あるため、この日本語を唯一の解釈と考えない方がいいです。


ラテン語一覧 (10/02/07) on セルフィ

セルフィで書いたラテン語の一覧 (2月1日から2月7日まで)

Errare humanum est.
(間違うのは人間だから)

Summum diem nec metuas nec optes.
(最後の日を恐れてはいけないが 望んでもいけない)

Cum grano salis.
(注意して物事を理解せよ)
※原文直訳は「ひとかけらの塩を加えよ」
当時のローマで塩は『きつけ薬』のようなものを意味したらしい

Non ovum tam simile ovo.
(卵どうしだって ここまでは似ていない)
※日本では「瓜二つ」

In aere aedificare.
(空中に城を築く)
※実現できないこと。日本では「砂上の楼閣」

前へ  次へ


セルフィで巡回したときゲストブックに書いたラテン語の一覧ですw
自分で何を書いたか整理するためにも週に1回ここにまとめる予定。
ほとんどは昔から伝わる名言ですが、私の考えで意訳しているものも
あるため、この日本語を唯一の解釈と考えない方がいいです。


« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »