« [趣味] Translate Server Error という名前のレストラン | トップページ | [参考] モンスターメーカーのカードゲームを輸出する »

[音楽] パソコンのオーディオ・インタフェース

パソコンで音楽を聴くとき、通常は、パソコンのフォン端子にイヤフォン/ヘッドフォン/スピーカーをつなげて使うものと思います。

ところが、ある記事に「パソコンに内蔵されたオーディオ・インタフェースで良い音がでるとは限らない。専用のインタフェースを使えば音が良くなることが多い」と書いてあったのが目にとまりました。

愛用のYAMAHAシンセサイザーPSR2000 (MIDIキーボード) をUSBでパソコン本体に接続するために、Roland/EDIROLの外付けオーディオ・インタフェースUA-4FXを使っています。これにはモニター用のフォン端子が付いています。実はパソコンからのサウンドもこのインタフェースで処理できます。パソコンとの間は24bitデジタル通信です。そこで比較して聴いたところ、確かにEDIROLのほうが良い音が出ています。

というわけで、パソコンの音楽を聴くときはEDIROLにヘッドフォンをつないで使うことにしました。ちなみにヘッドフォンはVictor (再生帯域 10Hz - 22000Hz) です。しかも、EDIROLにはデジタル光出力もあるので、そこからアンプ内蔵スピーカーに繋げば、とっても良いことになりそう。


« [趣味] Translate Server Error という名前のレストラン | トップページ | [参考] モンスターメーカーのカードゲームを輸出する »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/142275/27672680

この記事へのトラックバック一覧です: [音楽] パソコンのオーディオ・インタフェース:

« [趣味] Translate Server Error という名前のレストラン | トップページ | [参考] モンスターメーカーのカードゲームを輸出する »