« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

モンスターメーカーの公式HP/2008年7月

【2008年】
07/31 MMバナー 画:戌井える
07/27 MM壁紙 画:戌井える
07/03 MMテーブルトーク第2話(ドラゴンライダーへの道)開始


モンスターメーカーの公式HP

モンスターメーカー・オンラインTRPGのリプレイ記事 第1話

モンスターメーカー・テーブルトーク

第1話 探検!ブルガンディ東の洞窟 (2008年 6月 1日~ 6月 30日)

4人の冒険者(ウルチ、リンク、ルフィーア、ロリエーン)は、
ヴィシュナスの勧めで、ブルガンディ島にある東の洞窟へ食材探しに行く。
冒険者が奥へ進むと、そこにスライム状のモンスターが現れ、
ちょっかいを出したロリエーンが部屋の中央で囲まれてしまう。
このため、リンクがロリエーンの周りに魔法の盾を築いて、
そこへ、ルフィーアが壁際からファイヤーボールを撃ち込む。
部屋の中央で爆発が起きて、スライムは一掃される。
衝撃で壁の一部が壊れて、新たな通路ができる。
その先には、・・・
倒れた壁の下敷きになったドローネとその向こうにヴィンドラスが居た。
冒険者たちがドローネを救出すると、ドローネは、
冒険者が困ったときには助けると言ってお礼にクーポン券を差し出す。

冒険者たちがゼリーや蜂蜜などの食材を集めながら更に奥へ進むと、
広間には、思いがけず竜が寝転んでいる。
名前をバルサレウスという竜は、冒険者に身上やお願いを話し始める。
そのとき、突然、20人近くのオークの軍団が広間に侵入してくる。
オークの隊長グラエフは、竜の討伐に来たと言う。
冒険者たちは、なんとか平和に解決できないかと画策する。
ウルチがクーポンの半券をちぎると、ドローネが駆け付ける。
オーク副官のグリモワは、あれこれ言って戦いの正当性を主張する。
隊長は仕方なく納得し、号令でオーク軍は竜への攻撃を始める。
それを見た冒険者たちは、バルサレウスを守るべく必死に応戦。
オーク兵の一人が、バルサレウスが卵を抱えているのを発見する。
バルサレウスは、冒険者に卵を預かってほしいと伝え、冒険者は引き受ける。

互角の戦いが続くなか、
グリモワが、ドローネの持っている長剣(装備しているのは短剣)を見て、
部下に、それを奪い取るように言う。
グリモワは、かねてから竜を操る魔剣の噂を聞いていた。
オークの部隊はドローネに殺到し、
パープレクサという名を持つその魔剣はグリモワの手に渡ってしまう。
グリモワは剣を抜いて、バルサレウスに冒険者たちを炎で丸焼きにするよう命じる。
バルサレウスは、冒険者のほうを向いて深く息を吸い込む。

冒険者の大ピンチと思われたそのとき、グリモワは、突然、泡を吹いて倒れる。
ドローネの説明では、その剣は、持つ者と竜の心が同調しないと作用せず、
両者で反発が生じたなら、反作用は、剣を持つ者に向かうとのこと。
オークの隊長グラエフは、ここで休戦を申し入れ、戦闘は止む。

隊長は、剣に手を触れると、
バルサレウスの意識が流れ込んでくるのを知覚する。
そこで、隊長は冒険者たちを呼び、剣に触れるよう勧める。
冒険者たちは、走馬灯のように流れるバルサレウスの記憶を剣から感じ取る。
それと同時に、戦いで負った傷による内蔵の痛みも伝わってくる。
グラエフは、バルサレウスにお詫びを言い、討伐の話は和解に至る。

オーク隊と冒険者たちはバルサレウスを囲んで広間で宴会を行なう。
そうやって、一行は楽しいひとときを過ごす。
しかし、バルサレウスが回復できる状況にないことは、伝わり来る意識から分かる。
バルサレウスは、最後にお礼とお別れの言葉をいい、静かに目を閉じる。
冒険者たちは、この卵を大事に育てようと決意する。

GM・・・・・・・柴崎銀河
ウルチ・・・・・・まるいちまあく
リンク・・・・・・水月狼牙
ルフィーア・・・・珠薬缶
ロリエーン・・・・かざもりはや


こちらに、まるいちまあくさんのイラスト付きで掲載しました。


モンスターメーカーの公式HP

続きを読む "モンスターメーカー・オンラインTRPGのリプレイ記事 第1話" »

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »