エクスタロット(XTAROT)

カードゲームを試作・研究開発するなら、エクスタロット(XTAROT)・多目的トランプ。
タロット、書き込める白紙カード、可変面ダイス、チップ等で、独自システムを設計できます。
教育学習用品・ブレインストーミング・企業研修教材・思考ツールとしても大活躍。

XTAROT

» 続きを読む

エクスタロットDX版 占い用

「エクスタロット(XTAROT) DX版」は、占い用の大アルカナ25枚セットです。サイズは大型の120x70mm。ペトラルカ6分類、12星座、24ルーン文字との対応が明記されています。占いのための小冊子付き。

エクスタロットDX版の紹介ページ

Amazonで好評販売中 ↓

エクスタロットDX版


XTAROT DX GALAXY PLAN INC.XTAROT DX GALAXY PLAN INC.

MAJOR ARCANA


XTAROT DX MANUALXTAROT DX MANUAL

マニュアル 文:柴崎銀河 絵:双星たかはる

XTAROT DX MANUALXTAROT DX MANUAL

XTAROT MAJOR ARCANA DIAGRAM

エクスタロット大アルカナ相関図 (XTAROT MAJOR ARCANA DIAGRAM)

エクスタロットDX版

Amazonで好評販売中 ↑


» 続きを読む

キオール・ミュージック・ジャパン (CEOL MUSIC JAPAN)

キオール・ミュージック・ジャパン (CEOL MUSIC JAPAN) は、
インディーズ系の音楽創作集団です。
バードリングス(Bardlings)を中心として、ケルト系やJ-POPの楽曲を提供します。

CEOL MUSIC JAPAN

じゃんけん国王讃歌

「米光一成の表現道場2017年」で制作した音楽のスピンオフ作品をWebで公開しました。
この楽曲は、次期国王を「じゃんけんバトル」で決める国で新国王を祝うときの曲になります。
作詞:米光一成、作曲:柴崎銀河、作画:双星たかはる、演奏:Bardlings Jr.


 

 

楽譜「じゃんけん国王讃歌」をダウンロード

じゃんけん国王讃歌


こちらでも紹介されています。
キオール・ミュージック


» 続きを読む

米光一成の「思考ツールとしてのタロット」特製カード

思考ツールとしてのタロット


このカードは、米光一成著「思考ツールとしてのタロット」用にデザインされた大アルカナを、トレーディングカードと同じ用紙・製法で印刷したものです。カードの使い方は、米光一成著「思考ツールとしてのタロット」(別売)をご覧ください。

米光一成の「思考ツールとしてのタロット」特製カード

著者:米光一成
プロデューサー:柴崎銀河
カードおもて面イラスト:米光-K
カードうら面イラスト:双星たかはる
発売:有限会社銀河企画

米光一成の「思考ツールとしてのタロット」特製カード

米光一成タロット

特設サイト ↓

TAROT as a thinking tool



» 続きを読む

保有株式一覧 (17/10/02)

柴崎銀河 個人が保有している株式の一覧です。
経営方針や事業内容を支持している会社です。


保有株式一覧 (17/10/02)  〔 〕内は子会社 代表的な技術・サービス

任天堂 100株 ゲーム用ハードソフト Nintendo Switch
サイバーエージェント 1000株 メディア事業 携帯ゲーム
NTT 600株 通信サービス ひかり電話
東映アニメーション 100株 アニメ
ソフトバンク 100株 通信サービス
日本ファルコム 1000株 ゲーム
スクウェア・エニックス 200株 ゲーム・出版
セイコーエプソン 200株 プリンター
コナミ 100株 ゲーム・玩具
ブロッコリー 1000株 キャラクター商品
マーベラス 500株 アニメ・音楽・ゲーム
エイベックス 300株 音楽事業全般
ヤマハ 100株 電子機器・楽器 歌声合成技術
ソニー 〔アニプレックス、ソニーミュージック〕 100株 家電・音楽・ゲーム・アニメ
カドカワ 300株 出版・映画
 〔ブランド: 角川書店、アスキー・メディアワークス、富士見書房、エンターブレイン、他〕
 〔連結子会社: ドワンゴ、角川ゲームス、キャラアニ、
キヤノン 100株 カメラ
バンダイナムコ 100株 ゲーム・玩具
メルコ〔バッファロー、CFD〕 100株 PCメモリ・HDD・周辺機器
エイチーム 100株 携帯ゲーム
ブラザー工業 100株 プリンターFAX複合機
エレコム 100株 PC周辺機器
ワコム 400株 ペンタブレット
IGポート(Production I.G.) 100株 アニメ
サンリオ 100株 キャラクター商品
タカラトミー 100株 ゲーム・玩具
カシオ計算機 100株 電子楽器 電卓
アートスパーク〔セルシス〕 100株 アニメ制作ソフト
楽天 100株 通販
MCJ〔マウスコンピュータ、iiyama、秀和〕 100株 PC、モニター、出版
ティアック 1000株 音楽関連機器 
オリコン 100株 エンターテインメント・ポータル
オンキヨー 100株 アンプ、スピーカー
インプレスHD〔リットーミュージック〕 100株 出版
ゴンゾ (GONZO) 10株 (非上場) アニメ

銀河企画 全株 (有限会社)

Kabu001



ちょきじゃんけん (2017/06/23)

 

ちょきじゃんけん


「チョキじゃんけん」は、”米光一成の表現道場”2017年度・第2回(2017/05/20)の「じゃんけんを改善する」の演習結果として提案されました。

開発の経緯は次の通りです。

具体的にじゃんけんのどういう課題を改善するかで4グループに分かれて討論しました。そのなかの一つ『大勢のじゃんけんが決着しない問題』の解として、柴崎銀河が提案した内容を元に有用性が検討されました。

定義:「チョキじゃんけん」は、通常のじゃんけんに「引き分けならばチョキの勝ち」というルールを追加したものです。

既に知られているゲーマーじゃんけんとの優劣比較は難しいものの、(1)人数が減っていく収束性は良好、(2)ルールの説明が簡単、(3)チョキが優位そうなのに三すくみ構造が崩れておらず面白い、という点で実用的と評価されました。

ネーミングは、当初が「チョキ勝ちじゃんけん」で、松永さんは「チェキ」と命名し、その後は意味が伝わるように「ちょきじゃんけん」と呼ぶのが定着しました。

米光一成さんは、その後に開かれたゲーム会(例えば6月の「気楽な多人数ゲームの会」、9月の「王様のバトル」--追記)などのイベントで、チョキじゃんけんを紹介し実践しています。

ルールは単純なので過去に同様の検討をした方は必ずいると思います。そして引き分け時に勝ちとする手はチョキに限らずグーやパーでも良いのです。過去の研究などの情報をお待ちしております。

参考文献
電書「あたらしいじゃんけんを作ろう」第二版(発行:表現道場電書部、著:与儀明子・高良玉代・ネッシーあやこ、監修:米光一成)2015年


» 続きを読む

春の訪れ(2017/04/03)

千鳥ヶ淵緑道方面に行ってきました。

行く途中の道沿いにある有名な桜

A0083

A0082

千鳥ヶ淵緑道から見た内堀

A0084

A0086

ボートに乗る人の列

A0110

 

幹に直接咲く健気な花

A0088

A0090

放送設備

A0100

A0101

A0106

ライオンは居ませんでした

A0107

A0114

今回は以上でした。

 


XTAROT白紙カードについて

XTAROT白紙カードは、教材やカードゲームの試作ができるように片面または両面が白紙になった56枚組のカードセットです。種類によって白紙面へのニス塗りが有るものとないものがあります。

サイズは、XTAROTトランプと同じサイズ (ブリッジ規格58x89mm) になっていて、細身で持ちやすい大きさです。紙質は、XTAROTトランプと同じトレカ(トレーディングカード)用の特殊紙で、わずかに光を通しますが、実用上の問題はありません。カードゲームの開発、テストプレイ、学習教材、知育玩具、フラッシュカード、ブレーンストーミングなど様々な分野で利用されています。

模様が印刷されたウラ面(共通面)は、必ずニス加工がしてあります。おもて面は、ニスなしとニス有りの2種類があります。ニスなしの面は、ペン(水性・油性)での記入が可能なため、手書きでカードを制作することができます。ニス有りの面は、ペンで記入はできませんが、摩擦に強いのが特徴で、粘着ラベルシールを貼った場合に、ニスの効果でシールの再剥離が容易なため、印字したラベルを何度も貼り替えて使う用途に最適です。

ウラ面(共通面)の模様には、何通りかあります。黒はエクスタロットの天人の羽根をデザイン化した「羽根の輪(SGIATHANRHOD)」で、上下の向きの区別がありません。黄はダイヤ(又は金貨の五芒星)のマークをデザイン化した「準結晶(QUASICRYSTAL)」で、よく見ると上下の向きがあります。赤はハート(又は聖杯)のマークをデザイン化した「赤い聖杯(GRAAL DEARG)」で、明瞭な上下の向きがあります。緑はクラブ(又は聖樹)のマークをデザイン化した「世界樹(CRANN BETHADH)」で、これも明瞭な上下の向きがあります。以上ですので、用途に応じてお選びください。

詳しくは、専用サイトの「エクスタロット/XTAROT 白紙カード」解説ページで

Cardsampleblack_m Cardsampleyellow_m Cardsamplered_m Cardsamplegreen_m


靖国神社

新年明けましておめでとうございますの続き。
自宅の近くにある靖國神社へ。

昼間の気温は意外にも温かくなっています。

Img_0067a

靖国神社拝殿遠景(近くだと撮影禁止なので)

Img_0068a

全国から酒の貢ぎ物が・・・・

 

Img_0070a

Img_0072a

途中にある舞台で何かやっていました。
この後、参拝をしてきました。

 

Img_0073a

『参拝の後にお立ち寄りください』 とあったので行くと振る舞い酒が。
呑みましたとも。

Img_0079a

靖国神社といえば白鳩。

そして、神社特製のゴーフレットを買って帰りました。
ウェハースを良く見ると「FUGETSUDO」の刻印が。

頌春(2017)

皆様、明けましておめでとうございます。

Img_0066c

2016年は、ビジネス的にも遊び的にも面白い年 --- 私の仕事と趣味に関連するパブリックイベントに参加を始めた一年であるとともに、ゲームとその開発ツールの新ブランドXTAROTが始動した年でした。

パブリックイベントについて

パブリックイベントのひとつは、月1回のペースで行われる「米光一成のゲームづくり道場」という講座です。

この講座は誰でも参加できるもので、2016年の4月から始まり、半年を1サイクルとしています。ここでの「ゲーム」はトランプのようなカードと、必要であればサイコロや駒やボードなどの若干の部品を組み合わせた、テーブルゲーム(アナログゲーム)のことです。ゲームづくりの基礎を一通り学んだあと、自分の創意工夫でゲームを考え、それを他の人に遊んでもらうというのが目標になります。

ちなみに米光一成氏は、「ぷよぷよ」「BAROQUE」等のデジタルゲームの企画・創案者として有名ですが、最近では、アイデアを出すためのビジネス書やタロットリーディングの本も執筆しており、そしてパーティーゲーム「想像と言葉」、2人ゲーム「LadyFirst」などのテーブルゲームも制作されています。

講座では、ゲームのアイデアを練る技法を実践と並行して教わっていきます。講座のなかでも言及していますが、ゲーム完成までの流れはビジネス上のプロジェクト計画と類似していて、ここで養われる感覚は、ビジネスにも役に立つというのが特徴に挙げられます。そして、確かに有意義です(第1シーズンが終わって、現在第2シーズンの進行中)

イベントのもう一つは、ゲームマーケットです。

これは草場純氏が創立し現在はアークライトが運営しているテーブルゲーム展示即売会のイベントで、年に3回おこなわれ、ここ数年で制作者・参加者ともに人数が急上昇しました。

これまで制作者側でエントリーしたことは無かったのですが、今回は前記「米光一成のゲームづくり道場」のチームとしての参加枠があり、それに参加しました。これによって、この分野の動向・活性などの知見や、人との繋がりや、次回に向けての自信が得られました。

私の出品物は、以下に説明するツールキットの試作品をセットにしたものでした。

ゲーム開発ツール(XTAROT) について

ゲーム開発ツールについて。ブランド名をXTAROT(エクスタロット) としたツール群は、テーブルゲームの開発用に目的を特化したもので、カード、チップ、ダイス、ボード、スタンドなどから成ります。

XTAROT(エクスタロット) の基本セットは、タロット+トランプ+拡張カードをセットにした112枚組のカードで、トランプ系のゲームを発展させていくときに便利な構成になっています。この基本セットは2016年夏に発売開始しました。

チップは、1点から1000点まである小型の厚紙カードで、200枚以上がトランプ1組とほぼ同じサイズの箱に収納できます。チップも2016年末に発売開始しました。

ダイスは、無地の6面キューブに、様々な種類のシールを望む通りに貼って独自のダイスを設計するもので、シールは40種類ほどが用意されていますが、オリジナルを特注することも可能です。「こういうダイスが欲しいのに無い」というときに威力を発揮するでしょう。

ボードは、統一規格18cmx18cmの厚紙に両面カラー印刷が可能なもので、今後、ボードゲームを提供する場合はこの規格のボード1枚から4枚の使用を想定しています。

スタンドは、カードを挟んで立てる木製のキューブで、カードを立てた状態でボードゲームの駒として使います。

以上がXTAROT(エクスタロット) というブランドの方向性として2016年に構想を立てたものです。今後順次発表をしていきたいと思っています。

今年(2017年)もよろしくお願いします。

ゲームマーケット2016秋

XTAROTゲーム開発キット

_72

ゲームマーケットに参加します。
ブース名:米光と抜群のゲームデザイナーズ
ブース番号:2016秋 L05-06

http://gamemarket.jp/game/xtarot/

デザイン:柴崎銀河
イラスト:双星たかはる

トランプ+タロットのカード112枚組と、
自分でシールを貼って作れるダイスと
自由に書込みできる白紙カードと、
ポーカーチップの代わりになる厚紙カードと
カードを挟めばゲーム駒になる木製キューブの、
アナログゲーム作りキット。

・拡張型トランプ112枚
(タロット+トランプ+謎のカード群。
 普通にトランプとしても使える。
 タロットとしても使える。
 トレカ材質・両面トランプニス加工 )
・ダイスビルダー6個
(16mm樹脂製6面キューブに約30種のシールを
 適当に貼ってオリジナルダイスを作っちゃおう )
・白紙カード56枚
(ペンで書き込みができるトレカ材質の白紙カードで
 練習用とか何でも)
・ゲームチップカード112枚
(ポーカーチップの代用になる厚紙カードで
 1-5-10-50-100-500-1000の7種)
・カード立て6個
(スリットの入った15mm木製キューブで、
 カードを立てると即席のゲーム駒に変身)
・サポート XTAROTの情報HP
http://xtarotg.web.fc2.com/
(遊び方ルール集とマニュアルは
 ここに順次アップしていきます)

«植物たち 第40回 ステルンベルギア